1. HOME
  2. 事例紹介
  3. 事例詳細⑳ノーバル・ソーラー様

事例詳細

廃棄物処理施設・再生可能エネルギー発電所等、各種施設のコンサルティング事例をご紹介。お客様の課題やどのような関連法規の手続きを行ったかも可能な範囲で掲載しています。皆さまの課題解決の参考にぜひご覧ください。類似する課題に関するご相談も随時受け付けています。

再生可能エネルギ―(太陽光発電施設)

約5万枚の太陽光発電パネル設置のための大規模造成計画を担当した事例

お客様の概要

お客様名
場所

茨城県日立市

運転開始

2020年3月(予定)

事業概要

設備概要

・出力:16.1MW
・事業面積:32.63ha
・発電事業者:合同会社ノーバル・ソーラー

当社の主な役割・サービス 

・現況地形測量(航空写真測量・地上測量)
・河川能力調査・資料作成
・土木造成設計
・雨水流出抑制計画
・雨水調整池構造計算・設計
・林地開発許可取得(森林法)
・農地転用許可取得(農地法)
・土壌汚染対策法第4条改変届出
・公共用財産(道路)用途廃止・払下げ等許可取得
・法定外公共物(道路・水路)使用許可取得
・関連許可等の取得(道路法)
・日立市太陽光発電に関わる各種関連条例対応

本業務の特徴

・森林区域で起伏が大きく、平場の確保のために大規模な造成をおこなう計画であったため、土量のバランスを考慮して計画しました。

要望

計画された発電量を満たす太陽光パネルエリアの確保、事業者の事業計画実現を想定した期限までに許可の取得。

課題

当事業地近くで他社の太陽光発電所がありましたが、その造成工事の影響で市から懸念されていた。

他には地元住民の協力を得られるか、予定している太陽光パネル用地の確保などが課題でした。

施策

当社が九州以外で手がけた大型案件の第1号案件でしたが、今までの経験や技術力を裏付けとした提案をすることにより、県や市の各行政担当者の信頼関係を築くことで解決に至りました。

苦労した点

起伏のある地形だったので土量バランスをとりながらパネル設置面をいかに作り出せるかが大きな課題だった。

当社の強みを生かしたサービス

日本各地での多くの案件を経験して積み上げた実績をもって、単に技術基準や関係する続きの対応だけでなく、県や市及び地元住民が懸念している事柄を見つけ出し、それらについて解決・解消するよう対応いたしました。

ノーバル・ソーラー1
ノーバル・ソーラー2

関連FAQ 

関連リンク 

その他の事例を見る

太陽光発電

森林区域で、大規模な造成が難しい地形に、現状の地形をベースにパネルレイアウト出来るように計画し、雨水調整池の構造を工夫して小さな面積で必要容量を確保した事例

太陽光発電

起伏の小さい森林区域のため、大規模な造成は行わずに地なりに設置できるように計画した事例

お役立ち情報

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
メールフォームまたはお電話から
お寄せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
0120-065-761
受付時間:平日9:00-17:30