株式会社 環境と開発

ブログBLOG

事例紹介 2019.4.5

新規建設様 熊本県南阿蘇村 買取型災害公営住宅「馬立団地」

①場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野地区

②竣工時期:2019年3月

③事業概要:
南阿蘇村では、平成28年熊本地震により住宅を滅失し、自力では住宅再建が難しい被災者の居住の安定を確保するために、災害公営住宅の整備を進めています。
この事業は、大工・工務店など、県内の民間事業者が、災害公営住宅として整備する木造住宅等を村が買い取ることにより、災害公営住宅の整備を迅速かつ円滑に推進することを目的としています。
立野地区の災害公営住宅は、新規建設様が選定事業者になり、新規建設様からのご依頼で、当社が土木設計・関連許認可手続きを担当させていただきました。

・敷地面積:13,768.09㎡
・建築面積:2,624.76㎡
・棟数及び戸数:住戸20棟40戸、集会所:1棟

④当社の主な役割・サービス:
・各種インフラ調査
・土木造成計画の立案
・境界測量
・村道・法定外公共物(里道・水路)関係許認可の取得
・都市計画法に基づく開発許可の取得

⑤本業務の特長:
・新規建設様が本事業の選定事業者に決定してから着工までの期間が短く、南阿蘇村様・熊本県様のご協力もいただきながら、当社スタッフも総動員で対応し、無事に予定通り着工・竣工しました。

南阿蘇村災害公営住宅 全景①

 

南阿蘇村災害公営住宅 全景②